《先日、今年の漢字の「金」が発表され、私は何かな~と考えていたらどーんと音を立てて「苦」の文字が降りてきました。う。もっと明るい文字にしたい。色々思いを巡らせますが、負けじと「苦」が、主張してきます。ま。そんな年があってもいいか》

 2016年12月17日、小林麻央(34才)はブログにこう書いた。夫・市川海老蔵(39才)が麻央の乳がんを公表してから6か月。9月にブログを開始し、闘病模様を綴ると共に、骨や肺、リンパ節への転移まで包み隠さず明かしてきた。

 「苦」を選ぶほかない激動の一年だったといえる。スポーツ紙記者が語る。

 「10月にQOL(生活の質)を向上させるための局所手術を受け、今は抗がん剤、放射線治療と一通り終了した段階です。彼女の場合、がんの侵食が進んでおり、寛解は遠い。体調も安定しないようで、治療の日々は続きます」

 12月15日のブログでは、放射線治療の副作用に苦しみ、姉の麻耶(37才)が一晩中背中をさすり続けてくれたことを明かし、こう綴った。

 《明日死ぬかのように今日を生きろと、言うけれど、病気の時はずっと生きるかのように、今日を生きろくらいが、丁度良いと思った。今の私には》

 この一年、闘病の麻央を救ったのは、家族だった。
参照サイト:ZAKZAK


芸能情報やスポーツ情報が満載!さはらチャンネル
白猫テニスガチャ確率!ガチャラボ

モンスト招待代行オーブ屋