今年はドラマ初主演となったNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、激動の昭和の時代をたくましく生き抜くヒロインを演じきった。

 「朝ドラはまたとない経験でした。楽しいことも大変なこともあったけど、これは誰もができることじゃない。唐沢(寿明)さんをはじめ、周りの皆さんの助けを借りながら、最高の環境でやらせていただきました。私自身はセリフを覚えるのに精いっぱいでテンパっていましたが…」

 とはいうものの、全156回の平均視聴率は22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で今世紀の朝ドラでは歴代3位を記録。その名を全国に広め、女優として大きく飛躍した。

 「たくさんの方に名前を覚えていただき、ドラマと同じようにポジティブな性格なんだという印象を持たれるようになりました。ただ、私自身は普通に人並みなので…。朝ドラのイメージを、どう仕事で裏切っていけるかが今後の課題ですね」

 撮影終了後は、家族との海外旅行でリフレッシュし、心機一転。今度は楳図かずお氏の名作コミックが原作の舞台「わたしは真悟」(フィリップ・ドゥクフレ演出)に挑む。

 「最初にお話をいただいたのは朝ドラが始まるよりも前でした。すごく『変な舞台になりそうだな』という気がして楽しみだったんです。どうなるかがまったく予想できない作品にチャレンジできるのはうれしいことです」
参照サイト:ZAKZAK


芸能情報やスポーツ情報が満載!さはらチャンネル
白猫テニスガチャ確率!ガチャラボ

ガチャラボ観測速報