巨匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて描く最新作『ハドソン川の奇跡』は、世界を感動させたあの奇跡の知られざる物語! トム演じる機長“サリー”とともに、難局に立ち向かった副機長を好演するのは『ダークナイト』シリーズのアーロン・エッカート。来日インタビューで明かした、アーロンの“極限体験”とは!?

 「僕も事故当時にニュースを見て知っていたからね。何か劇的なことが起きたからといって、何でもハリウッドで映画になるというわけではないけど、今回の映画化はすごく良いアイデアだったと思う。何しろ多くの人が知らずにいた、その後の事実が描かれているから」

 本作は、2009年にNY上空で全エンジンが停止したUSエアウェイズ1549便をハドソン川に不時着水させ、一人の犠牲者も出さず生還させたチェズレイ・サレンバーガー(サリー)機長の実話が元になっている。しかしイーストウッド監督は生還劇をただ再現するよりも、その奇跡を起こした英雄が事故後に疑惑の対象となっていた事実に注目した。

 「実は僕も、この映画に出ることになるまで、事故後に機長たちに起きたことをまるで知らなかったんだ。155人の命を救った英雄たちが国家運輸安全委員会(NTSB)によって厳しい調査や追求を受けていたなんてね。調査の行方しだいでは彼らのミスによって事故が起こったと結論付けられる可能性もあった。もし彼らのミスと断定されたとしたら、もう彼らは二度と航空機を飛ばすことはできないし、会社からの年金も失ってしまう。僕だけでなく、おそらくほとんどのアメリカ人が知らなかったんじゃないかな。ハドソン川で何が起きたかをみんな知っていて映画を見に来たのに、映画を見て初めて知ることに驚いて、より感動してくれる人はとても多いよ」

 一般の人々やメディアから英雄と騒がれる一方で、事故調査で浮かび上がったデータにより、調査委員会から疑惑の目を向けられてしまうサリーたち。

 「考えてみれば、あれだけ重大な事故が発生すれば航空会社や当局、保険会社だって徹底的に調査するものだ。なんたって6000万ドルの飛行機が川に落ちてしまったんだからね。酒とか睡眠不足、私生活の影響でコンディションを落としていなかったかということも調べられる。僕ら利用者の安全のためにも、徹底的な調査というのは理にかなったことだと思うよ」


【続きを読む】
参照サイト:サンスポ


芸能情報やスポーツ情報が満載!さはらチャンネル
白猫テニスガチャ確率!ガチャラボ

モンスト招待代行オーブ屋