がんや糖尿病など特定の病気のリスクを下げるには、スポーツに限らず日常の身体活動量はどのくらいが望ましいのか。米ワシントン大などのチームはこの疑問に答えようと世界の論文174編を分析し、世界保健機関(WHO)の推奨より大幅に活動を増やすのがよさそうだと結論をまとめた。ただ、日常生活のなかでの運動をうまく活用すればそんなに難しくはなさそう。今日からでも始めてみる?

 チームは乳がん、大腸がん、糖尿病、虚血性心疾患、脳梗塞のリスクと身体活動の関係に着目し、1980年から今年2月までに発表された追跡研究を調査した。

 身体活動量の比較には、運動の強さを示す単位メッツに持続時間(分)を掛けた「メッツ分」を使った。WHOは2010年刊行の「健康のための身体活動に関する国際勧告」で成人に1週間当たり少なくとも600メッツ分の活動を推奨した。これは速歩なら約2時間半、ランニングは約75分の運動量に相当する。

 分析の結果、身体活動量が多いと疾病リスクは明らかに低下していた。ただ、WHO推奨にある週600メッツ分の活動ではリスクは大きく変わらず、例えば、糖尿病ではほとんど活動しない人に比べ2%の低下にとどまった。これが週3600メッツ分になると、リスクはさらに19%低下した。

 これらの結果から、健康上の利益が最も大きいと考えられたのは、週に3000~4000メッツ分の活動量だった。

 単一のスポーツでこれをカバーするのは大変だが、チームによると、10分階段を上り、15分掃除機をかけ、20分庭の手入れをし、20分ランニングをし、25分歩行か自転車で移動する-を毎日続けると、週3000メッツ分の活動量が確保できるとしている。

 これならやる気になればできる…か。
参照サイト:ZAKZAK


芸能情報やスポーツ情報が満載!さはらチャンネル
白猫テニスガチャ確率!ガチャラボ

モンスト招待代行オーブ屋